建築現場の進捗レポ

建築現場の進捗レポ

みなさんこんにちは♪
hikoshaの飛髙です。

今回は今工事を着工中の建築現場よりのレポをお送りします。

R+houseの住宅は外壁材に構造用MDFパネルを採用しています。
このパネルでは木造住宅の構造部分、つまり建物を地震や揺れなどにも耐久できるようにしている部分の、部材の組み合わせ方として、このパネルを採用しています。
施工性も良く、構造パネルを使うことで、筋交等の部材を減らしたりすることも出来、工期も短縮出来たりするメリットもあります。
もちろんきちんと構造計算をした上で、採用していますよ。(^O^)
ちなみにhikoshaでは耐震等級3、長期優良住宅でお家を建てています。
IMG_0523.JPG

また工事の工程として、この後に透湿防水シートで家の外周面を全て囲ってしまいます。
IMG_0621.JPG
この透湿防水シートの役割は、お家に侵入してくる雨水等を防水する役割があり、水は通さないけど、湿気が抜けていくため、結露を防ぎ、木材や断熱材の乾燥状態を保つ役割を果たしてくれます。
hikoshaでは、デュポンのタイペックシートを採用し施工しています。
ちなみにこのシートは新型コロナの消毒作業の際の防護服でも採用されているメーカーでもあるんですよ(^O^)
スクリーンショット 2022-06-08 8.10.05.png

建築中のお家を見ると、この透湿防水シートを貼っている様子をお見かけすることもあると思いますので、たくさんのメーカーやロゴが入ったシートを見たときには、ぜひ思い出してみて、観察してみてくださいね(^O^)